引戸錠の交換

引き戸が壊れると開け閉めができなくなってしまいます。
このようなトラブルの原因として考えられるのは錠前の消耗や故障などです。
また、錠前以外にも戸の建付や戸車が原因で動かなくなることもあります。

特に家の築年数が15年以上経過してくるとこのような引き戸のトラブルが発生します。
トラブルを放置していると戸が一切動かなくなってしまうことも考えられますのでおかしいと思うことがあればすぐに修理や点検をお願いするようにしましょう。

引き戸の錠前は戸と戸が重なりあう中心部分にあります。この錠前のことを召し合い錠といいます。
また、戸の先部分にも鎌錠がついていることがあります。こちらを戸先錠といいます。
合計で三箇所に鍵がついている場合もあるということです。

もし錠前など戸の部品にトラブルが起きた場合は問題の部品を交換する必要があります。
引き戸があまりに古い型番だったらメーカーに頼んでも部品が廃番になっていて取り寄せができないこともあります。また、メーカー自体がなくなっていて部品が手に入らないということもあるのです。

確実に修理してもらおうと思ったらサッシメーカーと正規で取引のある業者に頼むのが確実です。
部品の取り寄せもスピーディーで料金も良心的に対応してもらえる可能性があります。施工方法も安心できる信頼できる業者を見つけましょう。